• 才能は障がいを超え
    国境を越える

    公益財団法人日本チャリティ協会は
    障がい者アートの世界展である
    PARAART TOKYO、
    日本初障がい者のカルチャースクール等
    障がい者アートの普及活動をしています。

  • チャレンジに
    「遅い」は存在しない。

    事故に遭ったのは33歳。
    そこからのスタートは早くないが、
    目標を持って頑張り続ければ
    いつかは成し遂げられると信じている。

    Chang-Woo Seok 石敞宇(書道家)
    2017 アジア・パラアートインタビューより

  • 障がい者アートで
    広がる国際交流の輪

    世界中から障がい者のアートを集め
    国内外のアーティスト同士の交流や
    「パラアート TOKYO」を開催しています。

  • 書・イラスト・写真など
    多様な表現を募集

    書もまた国際的なボーダレスな表現方法です。
    パラアートTOKYOは、時代の流れに沿って
    様々なジャンルのアートの集まる
    展覧会へと常に変化を続けています。

  • 心の中の「走る、投げる
    飛ぶ、泳ぐ」

    飛ぶことや走ることが出来なくても、
    私の気持ちはいつも走っています。
    その気持ちをそのままに託したアートを、
    より多くの社会の皆さんに見てもらいたい。
    ̶
    八代英太(実行委員長)
    2016 パラアート TOKYO 挨拶より

  • 障がい者のための
    カルチャースクール

    「アートが生活に豊かさをもたらした」
    参加者や家族の方から
    ポジティブな感想をいただいています。

才能は障がいを超え、国境を越える

国際美術展や絵画教室等を通して
障がい者アート「パラアート」の普及活動しています。

私たち公益財団法人 日本チャリティ協会は
1966年の設立以来、障がい者の芸術文化を通じた国際交流や、
障がい者のためのカルチャースクールの運営等の文化的活動の場作り、
高齢者の社会参加や生きがい作り等の事業を行っています。

世界中の障がい者に呼びかけて作品を募集し、
省庁や地方自治体、在外公館等など幅広い組織の後援・協力の元に
「パラアート」を開催しています。

2021パラアートTOKYOバーチャルギャラリー

パラアートオフィシャルサポーター

株式会社アデランス様

株式会社アデランス様

トランスコスモス株式会社様

株式会社 福祉施設共済会様

三井住友DSアセットマネジメント株式会社様

日本リージャス株式会社様

事務局からのお知らせ

2019 PARAART FES TOKYO

世界よりパラアートの才能が一堂に 障害をこえ、国境をこえて優れた作品が一堂に出会う国際絵画・書展。 いよいよ、2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。この時期に合わせ、「パラアート」(障害者の幅広い活動とその作品)の認識をレガシーとして、「障害者のスポーツ」とともに「障害者の文化」の重要性を日本から広く内外に発信し、国際的認識と活動推進に寄与することを目的に国際パラアート…

「2019パラアートフェスTOKYO」(仮称)作品募集のお知らせ

いよいよ2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。「障害者のスポーツ」とともに「障害者の文化」の重要性を「パラアート」と言う呼称の国際的周知ともに、障害者の幅広い活動とその作品の認識をレガシーとして、日本から広く内外に発信する活動、「2020パラアートTOKYO」国際交流展がその起爆剤の一助になることを願い開催を意図するものです。 その事業の一環として「2019パラアート…

第34回東京都障害者総合美術展

下記日時にて、東京都障害者総合美術展が開催されます。 皆様ふるってご来場ください。 第34回東京都障害者美術展 ’’美のなかにふれあいがある’’ 日時:令和元年7月2…

世界の障がい者アートが集まる
「パラアートTOKYO」

2009年からスタートした、
世界中から障がい者のアートを集める
国際展示「パラアート TOKYO」には
世界各国から個性溢れる作品の応募があり、
その中から入選作品を展示します。

「2020パラアート国際展」で
パラアートをより多くの世界の人に発信したい

2020年。東京五輪・パラリンピックの年に
「2020パラアート国際展」を同時開催し成功させることは、
障がい者アートを国内外の多くの人に知ってもらう絶好のチャンスです。

2009、2013、2016、2019年に2回と計5回の国際芸術展と、
2017年の書の国際展の計4回の国際展を成功させた実績をもとに、
2020年の国際展は、より多くの国から沢山のアーティストの作品が集まる
世界の障がい者の「芸術の祭典」となるよう活動しています。

私達が目指す3つのこと

障がい者が日々、ライフワークとして創作に取り組むことには様々な良い点があります。
新しい社会との関わり方、日常生活の中で芸術活動をする習慣などが生まれ、
生活に輝きが増します。

パラアートを通じて国際交流をパラアートを通じて
国際交流を

国を越えて、アートをフックに障がい者同士が繋がり、より広い社会に触れる、社会に参画する機会を作っていきます。

パラアートスクール

絵画を学ぶ
ライフワークの創出

才能の発見と、その才能を伸ばすお手伝い。同じ志の仲間同士で高め合う、目標意識を持つきっかけの場作りをしています。

ライフワークを
友達に知ってもらう

作品をグッズ化してプレゼントしたり、様々な形で発表するしましょう。日々の頑張っている姿を支援者や知人に伝えることができます。

パラアートスクールで
才能の発掘・育成を

パラアートスクールロゴ山下清画伯のように優れた才能があるのに、
障がいのために才能が埋もれてしまうのは、本人だけでなく、
社会にも大きな損失です。
パラアートスクールは、その才能や個性を発見し、育てて社会へ送り出す、
また障害のある方々の文化芸術活動への参加を促進し、
生活をより文化的で豊かなものにする(生活の質の向上)ことを
目的に設立いたしました。

日本で初めての障がい者ためのスクールとして注目され、
顧問として岡本太郎氏、池田満寿夫氏ほか、
著名人のサポートの元に1986年に開講しました。

マンガ・イラスト

一般絵画

書 道

おかげさまで30年以上スクールを運営してます。
その中から国際的に活躍する生徒さんも多く輩出しています。
発表会で入賞すると、中国・韓国など海外での出展のチャンスもあります。

教室の見学も大歓迎です。
詳しい情報はパラアートスクール情報ページでご確認ください。

パラアートの呼称について

「パラアート」の名称を展覧会や活動での
ご使用をご希望の団体様は、こちらへお問合せください。

公益財団法人日本チャリティ協会パラアート事務局